倫理審査委員会審議内容 No.13
「平成26年8月26日開催」
No.1 申 請 者 : 北1病棟看護師長   古川 房代
課    題 アルコール依存症患者のアカンプロサート内服継続に対する想いを面接調査
研究の概要 レグテクトの内服前後の飲酒欲求に対する変化を知ることを目的に、半構造化面接法を用いたデータ収集を行い、コンプライアンスの変化を質的機能的に分析する。
 対象者はARPを終了して当院に通院中5名前後の患者とする。
判   定 条 件 付 承 認

No.2 申 請 者 : 栄養管理室長   赤坂 さつき
課    題 統合失調症患者のメタボリック症候群予防に関する研究
研究の概要 6月24日の当委員会の判定で「継続審議」となっていた審査議題である。
説明文書を検討して対象者の同意文書と同意撤回文書を追加した。
判   定 承 認

No.3 申 請 者 : 心理療法士   前上里 泰史
課    題 心神喪失等の状態で重大な他害行為を行ったものの予後についての研究①
研究の概要 医療観察法の退院後の経過を追った研究がなく予後については不明な点が多い。本研究では通院処遇へ移行した対象者の経過を追い、その結果を入院治療・通院治療に活かし医療の向上に寄与したい。
判   定 条 件 付 承 認

No.4 申 請 者 : 心理療法士   前上里 泰史
課    題 心神喪失等の状態で重大な他害行為を行ったものの予後についての研究②
研究の概要 No3の研究対象が全国の退院患者が対象であることに対し、本研究は当院を退院して沖縄県内に退院した患者のみをを対象とするものである。
判   定 条 件 付 承 認