倫理審査委員会審議内容 No.19
  
「平成28年 2月25日開催」                                                          
No.1申 請 者 : 調剤主任 雪竹 英志
課    題

本邦における統合失調症患者に対する処方実態・動向に関する調査・解析

研究の概要

精神科臨床薬学研究会(PCP 研究会)参加の医療機関に入院している統合失調症患者を対象に1)抗精神病薬投与剤数2)抗精神病薬投与量3)抗不安薬・睡眠薬数を主な評価指標として向精神薬の使用状況を調査・解析し、前年度の調査結果(平成26 年10 月の調査データ)と比較し向精神薬処方の改善率を見る。また、その結果を各施設にフィードバックし個々の施設で現状を把握することにより向精神薬処方の最適化を推進する。

判   定承 認
利益相反審査判定審 査 対 象 外

                                                                
No.2申 請 者 : 院長 福治 康秀
課    題

インフォームドコンセントの医療者への負荷の実態に関する検討

研究の概要

本研究の目的はインフォームドコンセント(IC)が医療者にどの程度負担になっているのかを数量的に明らかにし、同時に患者の説明に対する理解度や満足度も調査する。
将来的には診療報酬が認められた十分な医療説明によって患者の自己決定権の優先、望まない治療の防止、また説明不十分による医療裁判の回避などに役立つことが期待できる。

判   定承 認
利益相反審査判定審 査 対 象 外