倫理審査委員会審議内容 No.25
  
「平成29年 1月31日開催」
No.1 申 請 者 : 副院長 大鶴 卓
課    題

認知症介護状況の実態調査と予後への影響

研究の概要

本研究は国立病院機構南京都病院が行っている研究であり、国立病院機構発の認知症疾患レジストリを将来的に構築するために認知症患者の生活習慣、介護状況の実態について調査を実施し情報を収集する。また介護状況(独居・老々介護・世代間介護など)と生活習慣、認知症の進行の関連性について検討する。

判   定 承 認
利益相反審査判定 承 認

No.2 申 請 者 : 心理療法士 前上里 泰史
課    題

医療観察法入院対象者における HCR-20Version3 と SAPROF の予測妥当性と有用性に関する研究
前方視的コホート研究(多施設共同研究)

研究の概要

本研究は国立病院機構が行っている多施設共同研究であり、医療観察法指定研究の概要入院医療機関に入院中の対象者に対しHCR-20V3 とSAPROF を評定し、その後1年間の暴力行動の生起に対して持つ予測妥当性を調査するものである。

判   定 承 認
利益相反審査判定 承 認