TOP >患者の皆様へ > 専門外来・その他 > アルコール依存症外来
アルコール依存症外来

 長年の飲酒の習慣により脳に「依存」を生じ、飲酒をコントロールできなくなった状態が
アルコール依存症です。ご本人だけでなくご家族だけの相談もお受けしています。

 家族教室を毎月第2・第4金曜日14:00~15:30に開催していますので、お問い合わせ下さい。知識を得るだけでなく、回復された患者様やご家族のお話を直接聞く機会もあります。
入院が必要な方はアルコール依存症専門病棟を準備しています。 お気軽にご相談下さい。

アルコール依存症外来
 
*アルコール専門外来日
週 月・火・水・木・金   (受付 8:30~11:00) 
また、アルコールだけでなく薬物依存・アディクションなどの嗜癖問題の相談も行っています。
◎問い合わせ先
琉球病院 地域医療連携室 相談係
平日 9:00~16:30
電話:098-968-2133 内線231・234

診察内容
アルコール関連問題を抱えた方
まず、担当医師がアルコール関連問題についての診断を行い、断酒の要否、入院治療の要否を判断します。

(初回診察で必ずしも入院となるわけではありません) 入院が必要と診断された方 ⇒ 入院治療

< 外来通院を行う方

アルコール依存症と診断された方 ⇒ 断酒のための治療を行っていきます。

アルコール依存ではないが節酒が必要と診断された方 ⇒アルコールの害を提示し、無理のない節酒方法を提供いたします。
アルコール関連問題を抱えた方のご家族(家族カウンセリング)
※医師との相談をご希望なさる場合は、カルテを作成し継続した家族カウンセリングをさせていただきます。(保険診療)
現在悩まれているご家族の状況の聴取を行い、本人が受診につながるようご家族へ適切な対応方法などを提示させていただきます。
初めて受診される方
前日までに当院相談室へ連絡し、予約を入れてください。
診察の際、他の医療機関(精神科以外の診療科も含む)にかかられている方は紹介状が必要となります。
診察当日は、看護師またはソーシャルワーカーによる予診を行った後に診察となります。
採血などの諸検査が必要になる場合があります。
通院再開を希望する方
一旦当院への通院を止められていた方が通院再開を希望なさる場合は、『初めて受診なさる方』と同様の手順で 予約を入れる必要があります。