TOP > 診療部門情報 > 看護部門
看護部門
看護部の理念
患者様・御家族の人権を尊重し安全・安楽・安寧の得られる質の高い看護を目指します。
看護部の運営方針
1.組織の一員としての自己の役割を自覚し、積極的に経営に参加します。
2.患者さまの人格を尊重し「その人らしさを大切に」した看護を提供します。
3.看護の専門性を追求し、安全・安楽・安寧の得られる看護を提供します。
4.病院の使命と役割を認識し、看護職員の教育・研修を推進します。
5.チーム医療の一員として、多職種との連携を取った看護を提供します。
6.感性を磨き、広い視野に立って判断できるように自己研鑽に努めます。
教育目的
看護や医学に関する最近の社会の動向を知り、看護の本質を追及すると共に専門職としての資質の向上を図り、 また、社会人としての教養を高める。
教育目標
1.専門職業人として、知識、技術、態度を習得し、専門職としての資質を高める。
2.専門職業人としての能力を高め、科学的根拠に基づいて質の高い看護を実践できる。
3.看護部の一員としての自分の役割を理解し実践できる。
4.豊かな人間性、向上心を持てるよう自己研鑽に勤めることができる。
入院基本料
精神:精神病棟入院基本料 15:1入院基本料
一般(重心): 障害者施設等入院基本料 10:1入院基本料
勤務体制
 3交代制
看護の体制
プライマリー制とチームナーシングの混合
 病棟: 精神  5看護単位  / 重心  2看護単位  /  医療観察法  1看護単位
 外来:中材: 1看護単位
 地域連携室・中材: 1看護単位
有資格者
  精神科認定看護師【日本精神科看護技術協会】
  治験コーディネーター【国立病院機構本部、九州ブロック】
  ACLSコース終了【日本救急医学会認定】
  実習指導者講習会【沖縄県、九州ブロック他】
  看護教員【厚生労働省】
  精神保健福祉士【国家資格】
  看護管理者研修【沖縄県看護協会他】他
学会発表
  沖縄精神科看護学会
  国立療養所総合医学会
  沖縄県看護協会看護研究学会
  九州アルコール関連問題学会
  九州地区重症心身障害研究会
  沖縄精神神経学会
  日本医療マネジメント学会