司法精神医学部門 (鑑定・医療観察法入院と通院)
司法精神医療と医療観察法病棟
1.琉球病院と司法精神医療

 心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察に関する法律」(医療観察法)に基づいて、 当院は指定入院及び通院医療機関として運営しています。 包括的な司法精神医療への寄与をめざし、刑事責任能力や民事判断能力の各種精神鑑定も積極的に行っています。 高度で多くの人材を擁する精神医療を通して、新しい治療技術や治療体制の開発など精神医療全般の発展に貢献することを願っています。

2.医療観察法の目的

 不幸にして精神障害のために他害行為を行ない責任能力がないとされた者に対し、裁判所の指示により 法律に沿って治療と処遇を実施し、安心で安全な社会復帰を促進することが目的です。

3.琉球病院の指定入院・通院機関としての役割
沖縄県を主な診療圏として包括的な司法精神医療を提供することが施設の目的です。 このために医療観察法に則りプライバシーとアメニティ及びセキュリティに配慮をした新しい病棟が建設されました。 指定入院医療機関として医療を提供し、また地域内の対象者への通院医療も提供します。

4.医療観察法病棟(西Ⅲ病棟)の概要
【治療期間】
裁判所により入院処遇の指示を受けた対象者の治療に当たります。 急性期・回復期・社会復帰期に合わせて多様な治療を提供しています。 標準的な入院期間は18ヶ月とされていますが、病気の状態や対象者の社会復帰の準備に合わせて入院期間が個別に設定されます。 治療の継続や退院はすべて裁判官と精神保健審判員(精神科医師)の審判で決定されます。

【治療理念】
医療観察法の入院処遇ガイドラインに示される「ノーマライゼーションの観点も踏まえた対象者の早期実現、 標準化された臨床データの蓄積に基づく多職種のチームによる医療提供、プライバシー等の人権に配慮しつつ透明性の 高い医療の提供」を遵守し、琉球病院の医療観察法では「この病棟で最も大切なひとは医療を受ける人である。 この医療にかかわる全てのひとが人間性の高みをめざし、回復し、援助し、そして共に生きることへ尽力するものである」を 運営の理念として医療を行います。

【治療チーム】
多職種チームによる医療では精神保健指定医を含めて4名以上の医師が担当し、看護師43名、 臨床心理士・作業療法士・精神保健福祉士は7名以上、専任事務1.8名が担当しています。 このほかに警備職員が常駐しています。司法精神医学を目的で専修生や研修生も参加ができます。

【治療の説明義務】
治療評価会議や、倫理会議、運営会議、外部評価会議など多職種や外部委員を交えて 多角的な評価や責任体制を明確にして医療を供給します。